06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

難関イスラエル入国

2011-11-05
生まれてはじめての陸路での国境越えは、
超難関といわれるイスラエル入国です。

何が難関かというと・・・
イスラエルの入国スタンプがあるとシリアやイエメンなど
イスラエルと敵対している他の素敵なアラブ諸国への入国ができなくなります。

なので、ヨルダン出国も「ノースタンププリーズ」
(出国スタンプがあると、このあとどこ行った?って話になるので)
イスラエル入国も「ノースタンププリーズ」が鉄則なのです。

ヨルダンのおそろしく手際の悪い国境を超えて
イスラエルの厳重な持ち物チェックを超えて
ヒステリックなイスラエル女子官の質問攻撃に耐え

で、

DEAD SEA15
無事、別紙にスタンプ押してもらいました!!

イスラエル国旗

神経をすり減らして6か国目イスラエル入国成功!!

それもこれも

DEAD SEA14
マンスールホテルの情報ノートのおかげ

情報ノートってスゴイ!!
超精度が高い!!!
これがあれば、ガイドブックなんていらないってほど。

あとは、一緒に国境を越えたナル・アヤコ夫妻とキョウヘイ君・ケンちゃんという
メンツのおかげ。一人なら心が折れてるキビシイ国境越えでした。
006 イスラエル | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ペトラ遺跡

2011-11-04
今日は、金曜でイスラム教は休日。
なので、イスラエルとの国境は早くクローズします。

よって、今日は国境越え断念↓↓↓
しょうがないので、ペトラ遺跡に行きます。
何年か前にも行ったので2度目。でも、ペトラはすごく好き。

ペトラ2
アンマンからバスで3時間 砂漠の道をひた走ります

ペトラ3
景色がちょっと変わってくるとペトラにもうすぐ着きます

ペトラ4
入場料は50JD(約¥5,750)

高すぎる!!4年前もこんなに高かったけな?
日本でもこれぐらいの入場料とるのはディズニーランドくらいじゃないかな?

ペトラ5
着いてもすぐ有名なアレを見られるワケじゃありません

乾いた道を20分ほど、ひたすら歩きます。
馬でも行けます。高いけど・・・

ペトラ7
シークと呼ばれる岩の裂け目をさらに30分以上歩きます

すると・・・

ペトラ8
なんか見えてきた・・・

ペトラ9
有名なエル・ハズネです。

映画「インディージョーンズ」の舞台だそうです。
私は見てないので分かりません。

ペトラ11
広いのでラクダ・ロバ・馬いろいろな方法で遺跡を回れます

でも、こういうのはやっぱり徒歩がいいと思います。

ペトラ10
ファンタを食べるラクダ

ペトラ12
エル・ハズネを過ぎても延々と遺跡が続きます


ペトラ14
まだ続きます。

ペトラ13
さらに続きます。

ペトラ15
まだまだ・・・

っていうか、終わらないので
見切りをつけてエド・ディルを目指します。

ペトラ17
山登り開始

40分という驚異のハイスピードでエド・ディル到着

ペトラ20
エル・ハズネより大きいエド・ディルを見上げる

ペトラ18
エド・ディル全景

さらに息を切らせてビューポイントまで這い上がります

ペトラ19
登頂成功!!

なかなか辛かった。
登頂メンバー アヤコちゃん・ナル君・キョウヘイ君・フミヤさん
みんなマンスールホテル繋がり!!

ペトラ21
エド・ディルの中

ヘトヘトだけど、来た道をもうダッシュでかけおります

ペトラ16
なんとか帰りのバスに間に合いました

ペトラは現在でも全体のたった1パーセントしか発掘が終わってないんだそうです。
これで1%・・・

全然見きれなかった・・・
005 ヨルダン | コメント:(4) | トラックバック:(0)

アンマン(ヨルダン) → MANSOUR(KODA) HOTEL

2011-11-04
マンスール1 マンスール2 マンスール3

滞在日     :2011.11.3~11.5・11.9
宿泊数     :3泊
価格(円)/ 1泊:4JD(約¥480)
ルームタイプ  :ドミトリー(MIX:6人・4人)
ルームナンバー :109号・110号
空調      :寒いので関係なし っていうか寒い
シャワー    : HOTシャワー
Wi-Fi     :無料
接客      :ルアイ最高
立地      :ダウンタウンの中心に近くよい
設備      :古いうえにキレイにもしてない
備考      :世界でも指折りの日本人有名宿。イスラエルの前後に泊まった。
         宿自体は、私的にはギリギリの清潔感だった
         ただ、ルアイの完璧なまでの人の良さと情報ノートの充実を考えると
         アンマンの宿泊はコチラをオススメしたい。
         あと、これは時期によるかもだけど
         宿泊者の質がよく、貴重品の危なさを感じることもなかった。
        
中東・ヨーロッパの宿 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

ヨルダン到着

2011-11-03
ヨルダン・ハシミテ王国

5ヶ国目ヨルダンに入りました。
ヨルダンは3・4年前に一度来てるのでどちらかというと
イスラエルに行く為だけに通り過ぎます。

AMMAN6
ヨルダンにきたらやっぱりココに泊まってみたかった

マンスールホテルは、昔、イラクで拉致され、自衛隊の撤退と引き換えに殺された
香田証生さんの名前が入っています。当時「クリフ・ホテル」の従業員だった
日本人びいきのサーメルが、イラクに行こうとした香田さんを止められなかったことを
悔いて次の新しいホテルに香田さんの名前をいれました。

私も香田さんの事件は覚えてるし、ヨルダンにはこういうホテルがあるって知ってました。
サーメルは今結婚して日本にいるらしく、今マンスールホテルにはその意思を引き継ぐ
ルアイという従業員がいて死ぬほどいい人です。

AMMAN1
腹ペコでホテルに到着した私にルアイが買ってきてくれた激ウマサンドイッチ

これ、お金とかとらないんです。
ルアイ申し訳ない・・・

アンマンには、ほとんど見どころないんだけど数少ない観光スポットに向かいます。

AMMAN5
キング・ファイサル通り

インドからくると、ほんと街が衝撃的にキレイに見える。
クラクションあんまり鳴らさないとか牛がいないとか常識的なことに感動する。

AMMAN2
アンマン城

かなり急こう配な坂を上ってヘトヘト。
ヨルダンは坂が多い。

AMMAN3
アンマン城からのナイスビュー

AMMAN4
キング・アッドゥラー・モスク

カザフィー
こっちの新聞にはカザフィーの死体がバッチリ載っちゃってます

明日は、金曜なのでイスラエルの国境が早くクローズするらしく、国境越えはあきらめて
宿のお友達とペトラ遺跡にでも行こうかなぁ・・・
005 ヨルダン | コメント:(0) | トラックバック:(0)

デリー(インド)→ アンマン(ヨルダン)

2011-11-03
RJ1 RJ2 RJ3

移動日  :2011.11.3
手段   :ロイヤルヨルダン
価格(円):世界一周航空券
時間   :6時間30分
備考   :機体は新しいっぽいんだけど、
      パーソナルTVがついてなくて残念
      配列変則的な2-4-2
      ちょっと変わった飛行機
中東・ヨーロッパの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。