04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ムンバイ(インド) → バラナシ(インド)

2011-10-19
SJ1 SJ2 SJ3

移動日  :2011.10.19
手段   :スパイスジェット
価格(円):Rs.4,684(約¥8,059)
時間   :4時間35分
備考   :日本出発前にmake a tripを介して手配
      スパイスジェットは機体ごとにスパイスの名前がついているらしい
      デリー経由なので時間がかかっている
      荷物検査の時に女子はいったん荷物から
      目が離れる場所でボディチェックがあるのが
      すごくイヤだけど、それ以外はなんの文句もない。
      むしろ、小さいお水はくれるから助かる。
      機内はめちゃくちゃ寒い。
      デリーでほとんどの人が降りると思いきや半分はバラナシまで乗ってた。
      平日のこの中途半端な時間に満席!!
      さすがインド!!
アジアの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

アウランガーバード(インド) → ムンバイ(インド)

2011-10-18
3等寝台 3等寝台2 3等寝台3

移動日  :2011.10.18
手段   :寝台列車
価格(円):Rs.176(約¥299)
時間   :7時間30分
備考   :A/C車は2等・3等ともFULLの為、A/Cなし3等車。
      「地元民に囲まれて私の荷物は無事でいられるだろうか?」
      と思っていたが思いのほか雰囲気が柔らかくみなさん爆睡していた。
      私は荷物がやはり心配で列車が停車するたびに起きていたと思う。
      A/Cなしなのに寒くて途中でRAINWEARを着た。
      車内アナウンスがないので「Dadar駅に着いたら教えて」と頼んだ人達が
      先に降りてしまって誰もいない。さらにいろんな人に頼み込んで教えてもらった。
      インドの寝台列車は寝やすいので荷物さえ安全なら爆睡できる自信がある。
      CST駅より手前のDadar駅下車。
      サンタクルズ空港(国内線)までTAXI(Rs.250)で移動。約20分。
アジアの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ムンバイ(インド) → アウランガーバード(インド)

2011-10-16
ムンバイ→アウランガーバード ムンバイ→アウランガーバード2 ムンバイ→アウランガーバード3

移動日  :2011.10.15
手段   :スリーピングバス
価格(円):Rs.650(約¥1,105)
時間   :10時間30分(9時間予定)
備考   :フルフラット。プライベートカーテン付のアッパー。
      さぞかし、快適だろうと思っていたがなかなかの悪路で
      「こんなんで寝られるか!!」と悪態をついていたが、
      知らないうちに寝ていた。
      早く着いて困ったという情報をキャッチしていたのに
      なぜか1時間30分も遅れる・・・
      この遅れでビビッてしまい、帰りは飛行機の時間に間に合わないと
      困るので列車を手配することになる。
      それと、インド人いいかげんだから、
      「アウランガーバードに着いたら言ってね」って言いまくったけど
      心配で明るくなってからはオチオチ寝てられなかった。
      バスがとまるたびに「ここか?」「ここか?」とチェックした。
アジアの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

デリー(インド) → ムンバイ(デリー)

2011-10-14
スパイスジェット スパイスジェット2 スパイスジェット3

移動日  :2011.10.14
手段   :スパイスジェット
価格(円):Rs.3,184(¥5,478)
時間   :1時間50分
備考   :インドのLCC 日本出発前に手配
      なぜかスパイスジェットのサイトはどのクレカ決済も
      通らなかったのでしょうがなく「make a trip」というサイトを
      介して手配。
      1DというドメスティックLCC専用?のターミナルまでは
      国際線から無料シャトルバスが出ています
      約10時間の空港滞在 3連続の肘掛付の椅子で寝る体制を決めるのに
      相当な時間を要した ネットも繋がらないし(wi-fiあるけど携帯にPASSを飛ばす
      みたいな面倒なカンジ)この旅初の暇という事態になった。
      i-podがなければ暇死にしてた。
      搭乗してからかなりの時間がたったと思い、
      「この飛行機は一体いつになったら飛ぶんだ?」と思っていたら
      すでに雲の上だった。離陸も知らずに気絶していたしい。
      
アジアの移動 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

バンコク(タイ) → デリー(インド)

2011-10-13
キャセイ1 キャセイ2 キャセイ3

移動日  :2011.10.13
手段   :キャセイパシフィック
価格(円):世界一周航空券
時間   :3時間50分
備考   :久々普通の航空会社
      カウンターも待たずにチェックイン
      ドリンクサービスがある。機内食がある。
      ブランケットがある。パーソナルTVまで完備
      こんな普通のことが素晴らしく思える
      配列3-4-3 パーソナルTVなぜか映画やってない
アジアの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。