04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アンマン(ヨルダン)→ アカバ(ヨルダン)→ ヌエバ(エジプト)→ ダハブ(エジプト)

2011-11-11
ジェットバス アカバフェリー アカバフェリー内部

移動日  :2011.11.10~11.11
手段   :ジェットバス→フェリー→taxi
価格(円):ジェットバス 7.5JD
       フェリー $65
       taxi 50£E

備考   :13時発のうわさの高速フェリーが出ていなかったせいで
      12時間待ちで未明発のフェリーに乗るしか選択肢がなかった。
      チケットは街でしか買えないとの情報だったが
      フェリーターミナル2FのABマリタイムのオフィスで買える。
      ただ、チケットがないと港前の検問を突破できない可能性がある。
      あまりの腹立たしさにオフィスでごねるとオペレーションマネージャーに
      なだめられた。
      ABマリタイムのオフィスにバックパックおかせてもらったり
      コーヒー入れてもらったり、街まで送ってもらったり
      フェリーの出発時間までマネージャー室でくつろがせてもらったり
      最終的には、1時発のフェリーだったが遅れることもオフィスで
      すべて分かるので1時半までオフィスで待機して
      さらに専用車でフェリーの真ん前まで送っていただくというVIP待遇ぶり。
      本当によくしてもらったことが救いだったが、
      この適当フェリーは救いようがない。
 
      フェリー自体は出航したことに気付かないほど安定していて席も
      たくさんあるので快適。
      ただ、全員ムスリムなのでお祈り前?にトイレの洗面所で足を洗うらしく
      トイレが水びだし・・・
      結局、出航したのは3時で到着が6時、そこから1時間の意味不明待機時間の後、
      無事フェリーから脱出。
      その後、よく分からないイミグレでエジプトVISAをとり
      ラッキーなことにダハブへ向かうという台湾人男子とTaxiをシェアできた。
      あのフェリーは千人以上の人が乗っていたけど、ツーリストらしき人は
      アメリカ人カップルとtaxiをシェアした台湾人と私だけだった。完全アウェイ。
中東・ヨーロッパの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。