09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アウランガーバード(インド) → ムンバイ(インド)

2011-10-18
3等寝台 3等寝台2 3等寝台3

移動日  :2011.10.18
手段   :寝台列車
価格(円):Rs.176(約¥299)
時間   :7時間30分
備考   :A/C車は2等・3等ともFULLの為、A/Cなし3等車。
      「地元民に囲まれて私の荷物は無事でいられるだろうか?」
      と思っていたが思いのほか雰囲気が柔らかくみなさん爆睡していた。
      私は荷物がやはり心配で列車が停車するたびに起きていたと思う。
      A/Cなしなのに寒くて途中でRAINWEARを着た。
      車内アナウンスがないので「Dadar駅に着いたら教えて」と頼んだ人達が
      先に降りてしまって誰もいない。さらにいろんな人に頼み込んで教えてもらった。
      インドの寝台列車は寝やすいので荷物さえ安全なら爆睡できる自信がある。
      CST駅より手前のDadar駅下車。
      サンタクルズ空港(国内線)までTAXI(Rs.250)で移動。約20分。
スポンサーサイト
アジアの移動 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。