09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ムンバイ観光

2011-10-15
私が泊まっていたホステル周辺はムスリム地区なようで
とくに女性が街にいなくて、ジロジロ見られてちょっと怖かった。

ムンバイ_1
ホテルの前の道 男ばっか

ムンバイ_16
レストランに入っても男ばっか

ムンバイ_17
女性は男性同伴であっても一緒にカーテン付のFAMILY ROOMという席に案内される

女性だけで食事をしている姿を見かけたのはマクドだけだった。
マクドはドアマンがいて常に2人の従業員が客席を巡回して
テーブルのずれ1mmも許さない。(完全にヒマ)
高級レストランさながら。

インドは宗教がらベジタリアンが多いので、ベジマックなるものがあります

ベジマック
ベジ朝マックうまし!!

ただベジマックがイモベースでさらにハッシュドポテトが
付くのでイモイモになってしまう。
おいしいからいんだけど・・・
そして、コーヒーはミルクも砂糖もすでに投入済みの
甘々コーヒーにさらに砂糖がついてくる。いれるわけない。

今日は、列車に乗って繁華街までお出かけ。

ムンバイ列車
列車は朝・夕は外にはみ出るほどの満員電車らしいのでちょっと時間ずらします

ムンバイ_13
うまく女性専用車両に乗り込みました

レディースコーチ
レディースコーチ

ムンバイ_1-2
おなじみですが、列車のドアを閉めるという概念がありません

昔、イギリスの植民地だった名残で歴史的建造物がたくさんあります。

ムンバイ_3
インド最大の乗客数を誇るチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

いわゆるCST駅 言われるまで駅と気づかない壮麗さ。世界遺産です。

続きまして、2008年の同時多発テロも記憶に新しいインド門とタージマハル・ホテル

ムンバイ_11
インド門

ムンバイ_6
タージマハル・ホテル

ムンバイ_9
せっかくなのでタージマハル・ホテルでお茶だけします

ムンバイ_8
マンゴーラッシーのみました

タージマハル・ホテルは、汚い恰好の私を快く受け入れてくれました。

ムンバイ_2
でも、貧富の差がハンパない

ムンバイ_10
今、インド門で流行っている大きい風船

流行っているというか、
売り手が勝手に流行らせようとしているのだが、誰も買ってないという状況

ムンバイ_4
二階建てのダブルデッカーも走ります

タンドリーチキン
今日の夕食タンドリーチキン

チャイ
しめのチャイ Rs.4(約¥7)

インドのチャイ安くておいしくて大好きなので
毎日いっぱい飲んでます。
スポンサーサイト
004 インド | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。