03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

デリー観光

2011-11-03
delhi17
悪名高きニューデリー駅

インドをなめてるヤツらは、必ずここで餌食になります。
デリーinの方は最新の注意を!!

DELHI9
ラージ・ガート

ガンジーのお墓です。前回インドにきたときは、独立記念日前で
周囲一帯テロ厳戒警備で近づけませんでした。

DELHI10
インド人の記念撮影を撮影

DELHI12
ジャマー・マスジット

インド最大規模を誇る巨大モスク
ミナレットに上ると、デリー一望できます。

DELHI11
オールドデリーにいたお化粧したヤギ かわいい

インドにもちゃんと地下鉄あります

DELHI2
路線によって色分けされてます

DELHI15
けっこうキレイ

最近、自分の中のキレイのレベルが下がったような・・・

DELHI1
英語アナウンスもあります

けっこう混み気味だけど、イチイチ荷物検査めんどくさいけど、
怒鳴りあいの価格交渉しなくていいんで精神的にラクです。

DELHI14
トークンといわれる地下鉄の切符

近年、世界の地下鉄の切符の主流はこのプラスティックのタイプ
韓国もカードタイプだし。
日本も環境に配慮して紙ではなく、こうすべきです。

実は私には、インド映画を見るという密かな目標がありました。

DELHI4
コンノート・プレイスにあるキレイな映画館オデオン

本当にキレイ。日本のシネコンと変わらない。ポップコーン食べながら見る。
エアコンが効きすぎて、寒くて死にそうだった。
イスのリクライニングがハンパない。

DELHI7
今回見たのはコレ なかなか有名な男優と女優が出ているそう

CMもガンガンやってるし、マクドもコラボしてるしたぶん今一番はやってるヤツです。

内容は、ターミネーターとマトリックスを混ぜたカンジで
休憩はさんで3時間くらいあります。インドの映画は、休憩が入ります。

お望みどおり、なぜか全員が踊りだすシーンもふんだんにあったので大満足!!

DELHI3
ちなみに3Dです この紙のメガネでクオリティに問題なし

delhi17
インドで相当飲みまくった APPYというリンゴジュース 美味

DELHI5
バハーイー・ハウス・オブ・ワーシップ

暑さのあまり、よく分からないテンション

DELHI6
またの名をロータス・テンプル 

イスラム系の新宗教。
カースト制度が根強く残るインド社会で、門徒を幅広く受け入れてくれる宗教に
低いカーストの人は改宗します。

delhi18
朝つくった名刺ができあがりました

台紙からデザインから好きなようにできます。
200枚も作ったので、これからバラマキます。

delhi16
また、ヘナやってしまった・・・

ムンバイでやったヘナがすっかり消えてなくなったので。

delhi18
デリーを訪れる日本人の救世主 ラジェンダ氏

みんな彼に助けられます。デリーで困ったときはラジェンダさんの携帯へ。

デリーでやり残したことはありません。
最後にカレーも食べたし。

インドのまとめとしては、やっぱりもうあと1回きて
リシュケシュとブッタガヤとあとハンピってとこ行きたいな。
ジャイサルもいいかも。やっぱあと2回くらいこないとってカンジだなインド。

やなんだけど、また来たいかも。
不思議な国。
ほんと、インド人うざいんだけど、憎めない・・・


未明にヨルダンに旅立ちます。
世界一周第一章アジア編無事終了しそうです。

スポンサーサイト
004 インド | コメント:(2) | トラックバック:(0)

腸チフスじゃない!?

2011-11-01
バラナシ最終日から、強すぎる腸チフスの薬の副作用で
両腕・両足にかなり湿疹が出ていました。

デリー到着後にデリー旅行代理店のカリスマ⇒ラジェンダ氏に病院を
紹介してもらいサードオピニオン!!

デリー5
Dr.パンチョーリの診療所

さらなる血液検査でまたしてもサルモネラ菌を検出して、やっぱり腸チフス決定!!

かと思いきや、どうやら今まで9月にチェンマイでワクチンをうった時のモノを検出していたらしい。

Dr.パンチョーリ、惜しげもなくタイへ国際電話かけまくります。安心。安心。

で、私の高熱はウィルスによるものだそう。

デリー2
なのでビタミンの点滴うちます

デリー3
この数日間で一体、何本注射うって、何本点滴うったのか?

腸チフスだと長丁場になるんで心配だったけど、ウィルスでよかった。
ま、1日で熱が下がったあたりおかしいとは思ってたけど
安心をくれたDr.パンチョーリに感謝!!

腸チフスの薬やめたら、湿疹もキレイに消えた。

デリー4
カメラを構えると、思わず聴診器をかけるノリのよさ Dr.パンチョーリ

バラナシ発熱事件以来、すっかりインディアンフードを控えている私。
デリーで今のところ一番ウマイのは、ゲストハウス・ナブランのオクラ丼Rs.70うますぎ!!

デリー1
ナブランのオクラ丼
004 インド | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今度こそ脱出

2011-10-28
さすがに10日もバラナシにいるとやることがなくなる。

今度こそ1
朝食のコーンフレーク 多すぎる薬 もらったアクエリ

シュンスケ君
アクエリくれたスリランカ帰りのシュンスケ君 こういうのホント助かる!! 神!!!

今度こそ2
一晩でできた多すぎる口内炎 ストレス?薬の副作用?ビタミン不足?

今度こそ4
悪徳医師のいる病院 気を付けましょう

今度こそ
インドは26日 ディワリという大きなお祭りがありました

今度こそ7
飾り付けとかしてカワイイかんじ

今度こそ8
外はローソクとイルミネーションでまたキレイです

今度こそ9
そこら中のビルから花火が上がります

こういうの素人があんまりやっちゃダメだと思う・・・

あと爆竹がすごい・・・
表現悪いけど、戦争みたいなカンジで花火と爆竹がスゴイことに。

今度こそ12
最終日は朝早起きしてやっぱりガンガへ

今度こそ13
キレイな朝日 思い残すことはありません

寝台列車の出発ギリギリまで屋上で食事
お祭りの花火が今日もあがります。

今度こそ15
ビールが止まらないホッシー スターアライアンスで
世界一周中ルイちゃん 体調がよくなってきたナデ君


今度こそ14
お世話になったオーナーのラージさんと

長すぎたバラナシからやっと脱出します!!
004 インド | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ついにダウン

2011-10-25
昨日の夜、ちょっと発熱したので大事をとって、
同じ宿の日本人2人組に日の出ボートに誘われたけど行かなかった。

今朝は、本調子ではないもののそこまで体調も悪くなかった。
10時40分 ムガルサラーイ駅の列車に乗るために
8時には宿をチェックアウト、オートリキシャに乗る。

これが、ひどかった。
ガンガを渡ってからというもの
砂埃と排気ガスで新品のマスクが真っ黒になった。

何の工事か知らないけどダンプが50台以上
列をなしていて、その間をすり抜けていくオートリキシャの
運転の荒さと排気ガスに完全にやられた。

1時間後、ムガル・サラーイ駅へ到着するころには
完全に発熱していたが、この時はまだ何としても
ブッタガヤへ行くという強い信念があった。

出発までまだ1時間半もある。
しかも、どうせまた遅れるに決まっている。

まずは、熱を下げなければいけない。
今朝、フロントでもらった解熱の薬を飲むためには何か胃に入れなければ。
売店でリッツみたいなお菓子を買う。
全然、食べたくないんだけど無理やり3枚口に押し込んで
パサついてむせながらも食べた。
大体、今思えば朝ごはんも食べてないのに
リッツ3枚くらいすんなり食べられない時点で相当弱っている。

それから、解熱剤を流し込む。

これで治るはず!!



1分後、その場で嘔吐・・・

これ、薬全部出たな・・・ 

ついにブッタガヤ行きを迷い始める。

26日のお祭り前にやっとの思いでとったチケットを捨て
また1時間かけてバラナシへ戻るのか?

このまま、ブッタガヤへ行くということは
列車に4時間乗ってガヤ駅に到着。その後、オートリキシャと
怒鳴りあいの値段交渉をしてブッタガヤまで30分
そのあと、重い荷物を引きずって宿探し

無理かもしれない・・・
これをする体力がもはやない。

バラナシのゲストハウスにさえ戻れば、日本語が通じるラージさんがいる。

こうしている間にもだんだん熱が上がってきている気がする。

もうダメだ。
ブッタガヤはあきらめよう。

もう、立ち上がることもしんどくて座ったまま
前を歩くライフルを持ったポリスに蚊の鳴くような声で
「えくすきゅーずみぃ」と3回言うと近寄ってきてくれた。

ガンガ・フジ・ホームのネームカードを出し
頼むからここに電話してくれ、私は具合が悪いということを
最後の力を振り絞って伝えた。
ポリスは駅の入り口に私を連れていき、ド真ん中に簡易椅子を持ってくると
「ジャパニ シッダウン」と言う。
すでに地べたに座り込み、椅子に座るという行為さえ辛い私。
けど、あまりにしつこいのでなんとか椅子に座る。

この時、すでに私を中心にインド人の人だかり数十人。
何だ?どうした?ってカンジだと思う。
ある程度の不安から解放された安心感と体のしんどさと
ブッタガヤに行けなかったくやしさとかいろんなものが混じって
涙がこみ上げる。


そして、どこからか携帯を持った男を連れてきて電話をしてくれている。
電話は無事繋がったが、電話口にいるのは今朝フロントで解熱剤をくれたラジャだ。
不運にもラージさんは外出中で戻るのは夜22時だという。
これ以上、できない英語で話しても意味ないので
とにかく具合が悪いから今から帰るということを伝えて、男に電話を変わった。
きっとゲストハウスの場所を説明してくれているのだろう。そして、男はTAXIの運転手だろう。

厚かましいついでに列車のキャンセルも男に頼んだ。
紙への記入が必要だが、男がほぼ代筆してくれ半額戻ってきた。
すべての行為をポリスが見ている為、下手なことはできない。
最初にポリスに声をかけたのは正解だった。

それから、Rs.200でオートリキシャできた同じ道を
今度はRs.700(エアコンチャージRs.200)もかけてTAXIで戻る。
その額3倍以上・・・

男はTAXIドライバーではなかったがTAXIに同乗した。

私はクーラーの効いたTAXIで爆睡した。

1時間後、「着いたぞ」と言われTAXIから降ろされる。
男は重い私のバックパックを担ぎ、迷路のようなバラナシの小道を
一度も間違えずにガンガ・フジ・ホームまでたどりついた。

男はゲストハウスからまたポリスに電話をしているようだった。
報告だろうか?

すでに大分楽になった私は損保ジャパンに電話をかけ
紹介された病院へいった。

そこで点滴6本とおしりに注射を1本打たれた。
薬をもたされ、明日12時にもう一度こいと言われた。

夜になってラージさんにすべて話すと
どうも私が行ったところは悪い医者だという。
保険屋からたくさんお金をもらうことだけを考えていると言った。

その通り、私はその晩から発熱した。
体温計がないので分からないけど、体感では39度はあったと思う。
嘔吐を繰り返すが、朝からほとんど何も食べてないので出るものがない。

辛すぎて、ラージさんを夜中に叩き起こし、解熱剤をくれと言った。

それでも熱はいっこうに下がらず、朝になってラージさんおすすめのドクターを
呼んでくれることだけを信じて一晩、高熱に耐え続けた。

次に目を覚ますと、ラージさんが新しいドクターを連れてきていた。
血液検査もしてくれた。ここから、注射をしたのか薬を飲んだのか
何も覚えていない。これが何時の出来事なのかも分からない。

そーいえば、ラージさんがおかゆを食べさせてくれた気がする。

次に目を覚ましたのは22時だった。
熱は下がっていて、ラージさんがMEGU CAFEから巻き寿司を買ってきて
くれていた。3個ほどほおばるとまたスグ寝た。

起きると朝だった。一体、どのくらい寝たのか?
この間、同じ宿の台湾人は解熱剤を持ってきてくれて
日本人(後にシュンスケ君と判明)はアクエリアスの粉をくれた。

みんなに感謝!!

私はどうやら腸チフスにかかったらしい。
おかしいな、腸チフスのワクチン、バンコクで打ったんだけどな・・・

腸チフスは長丁場らしく、ハリドワール・リシュケシュもあきらめることになった。

無念・・・

そして、バラナシ療養生活が始まる・・・
004 インド | コメント:(6) | トラックバック:(0)

バラナシ最終日

2011-10-22
今日はバラナシ最終日。
ガンガを堪能することに決めました。

ゆっくり起きてMEGU CAFEへ向かいます。
途中、キャッキャ声がするので・・・

バラナシ最終日2
門をくぐると・・・

バラナシ最終日1
小学校 こんな近くにあったとは・・・

先生がしきりに案内していれようとしますが
私はお腹ペコペコなんで、一刻も早くMEGU CAFEへ。

私が泊まっているゲストハウス→ガンガ・フジ・ホーム
からMEGU CAFEは壁の矢印をたどっていくだけですぐ着きます。
3分くらい。

バラナシ最終日6
お店は靴を脱いで入るスタイルなので超清潔

牛のうんこだらけのバラナシでこの配慮は最高。

バラナシ最終日4
かつ丼の味が関西風なんでウマイ!!


バラナシ最終日5
メグさんと一枚 メグさんべっぴんさんです

あと、ミネラルウォーターは冷え冷えのが出てきます。
インドでは、なかなか冷たい飲み物にありつけない。
売ってるのはいっぱい売ってるんだけど
冷たいの感覚が我々日本人とは違うらしくもひとつぬるいものが多い。


バラナシ最終日17
何度も歩いたガンガ・フジ・ホームまでの小道

バラナシ最終日18
すでに道に牛がいることなど何の違和感も感じない

慣れはこわい。
このまま、街歩いてガンガへ。

バラナシ最終日7
スクールリキシャってのもあります

バラナシ最終日8
バラナシはインド中から婚礼衣装を買いにくるそうです サリー屋が充実してます

バラナシ最終日10
明日、プージャー(お祈り)があるので今から頭をまるめる青年

ガンガの水で髪全体を濡らします

バラナシ最終日11
カミソリでゴイゴイいきます

バラナシ最終日12
なぜかTOPを残す

バラナシ最終日13
こうなりました

バラナシ最終日14
ガンガにはいろんな人がいます

バラナシ最終日15
若者は豪快に飛び込みます ガンガけっこう深いんです

夕方からはアーユルヴェーダも体験し、心ゆくまでガンガを堪能した。

明日はブッタガヤへ移動です。

この時はまだ、ブッタガヤへ行けると信じていた・・・
004 インド | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。